【厳選】海外旅行に持っていくクレジットカードおすすめ3選【旅行保険付帯もチェック!】

アメリカ・カナダ

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

こんにちはもしくはこんばんわ!旅行会社勤務のレッドTーレックスです。

突然ですが皆さん海外旅行にクレジットカード持っていきますよね!

海外旅行に行くならクレジットカードを最低2枚以上持って行くことをおすすめします。

海外旅行にどのクレジットカードを持っていく良いか今回は厳選して紹介させていただきます。

この記事はこんな方におすすめ

・初めて海外旅行に行く方

・海外旅行に行く・行きたいけどクレジットカードを持っていない方

・クレジットカードを持っているけど海外旅行で使えるか心配な方

・海外旅行に行くがクレジットカードを1枚しか持ってない方

・持っていいるクレジットカードに旅行保険が付いていない方

【結論】

海外旅行には最低2枚以上のクレジットカードを持っていくと安心

年会費無料のクレジットカードは旅行保険の補償額が少ないので別に海外旅行傷害保険に入ること

おすすめ年会費無料カード3選

年会費無料のクレジットカードを3選

楽天カード

年会費     永年無料          家族会員も無料            
カード発行日数   申込から約1週間
国際ブランドVISA、Master、JCB、AMEX
旅行保険海外 最高2,000万円
国内 なし
旅行代金を楽天カードにて決済が必要
保険適応条件あり
ETCカード申込可能ダイアモンド・プラチナ会員は無料
それ以外は1枚につき550円にて発行可
新規入会ポイント・特典  最大5,000ポイント以上あり新規入会&カード利用が条件
ポイント・マイル還元率ポイント:100円=1P楽天市場、楽天トラベル利用など追加
利用条件達成でさらに追加ポイントあり

テレビCMでも有名な楽天カードは年会費永年無料です。

クレジットカード利用で楽天ポイントもたまり、楽天市場楽天トラベルをクレジットカードで利用することによってさらにポイントがたまるなど国内最大級のポイント還元率を誇ります。

クレジットカードのブランドも4大ブランドである【VISA、Master、JCB、AMEX】から選べるのも魅力です。

旅行保険対応は、海外旅行のみとなりその海外旅行(ツアーや航空券)を楽天カードで支払うことが保険適応条件となります。

年会費永年無料でポイント還元率も良いので海外旅行以外の日常持ちするクレジットカードとして魅力的です。

<楽天カード:新規入会&カード利用で最大5000ポイント以上>

エスポカード

年会費     永年無料           家族会員なし             
カード発行日数   最短即日ネットで申込可能
国際ブランドVISA
旅行保険海外 最高2,000万円
国内 なし
保険適応条件あり(利用付帯)
ETCカード同時申込可能年会費無料
新規入会ポイント・特典  2,000ポイント新規入会
ポイント・マイル還元率ポイント:100円=0.5PネットショッピングではUPあり
楽天、yahoo2倍 さとふる4倍など
旅行予約特典申込サイトによってポイント
UPがあり
Experia10倍 booking.com9倍
agoda、Hotels7倍など


【エポスカード】年会費永年無料最短即日発行できます。

エスポカードを持つと「ESPOポイントUPサイト」を利用して旅行の航空券(チケット)やホテル予約をするときポイント還元率が大幅に上がります。

1、Experia(エクスペディア)で予約するとポイント10倍

2、booking.comで予約するとポイント9倍

3、agoda、Hotelsで予約するとポイント7倍

4、じゃらんで予約するとポイント3倍

さらに、年会費永年無料なのに海外旅行傷害保険が付く!

保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害  最高500万円  
傷害治療費用200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし)2,000万円(1事故の限度額)
救援者費用100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携帯品損害(免責3,000円)20万円(1旅行・保険期間中の限度額
※携帯品1つあたり10蔓延程度、乗車券等は合計5万円程度

海外旅行中は日本語でサポートも受けられ安心です。

【緊急時】現地サポートデスクにて24時間・年中無休日本語サポート付き

初めて海外旅行に行く方でクレジットカードをまだ持っていいない、または1枚しか持っていない方は年会費無料のエスポカードがおすすめです。

<新規入会で得点ゲット>

リクルートカード(JCB)

年会費  無料           ※家族会員なし            
カード発行日数   約1週間※18歳以上(高校生不可)
国際ブランドJCB※VISA、Master一部条件変更であり
旅行保険海外 最高2,000万円
国内 最高1,000万円
※旅行代金をカードにて決済が必要
※保険適応条件あり
ETCカードJCBは無料VISA、Masterは1枚あたり
1,100円の発行手数料がかかる。
新規入会ポイント・特典  最大6,000ポイント新規入会&カード利用&携帯電話利用
料金引落し設定が条件
ポイント・マイル還元率ポイント 100円=1.2Pポイント還元率12%
カード利用特典じゃらん・ホットペッパー
など利用にてポイントUP
ポイントはPonta、dPOINTに交換可能

リクルートカード(JCB)も年会費無料海外旅行傷害保険の付帯しています。

ポイントの還元率はなんと驚異の1.2%です、1,000円で12円分のポイントが還元されます。

さらにじゃらんホットペッパーなどリクルート関連のサイトを利用すると最大4.2%まで還元率があがります。

たまったポイントは、PontaやdPOINTに交換できて利用できます。

旅行損害保険は国内・海外とも付いていいます。

Mastercard/VISAJCB
 海外旅行 最高2,000万円(利用付帯)最高2,000万円(利用付帯)
 国内旅行最高1,000万円(利用付帯)最高1,000万円(利用付帯)

旅行に行く方だけでなく普段からポイントを効率用ためたい方は年会費無料なのでおすすめです。

<新規入会&カード利用で得点あり!>

海外旅行にクレジットカードが必要な理由

  • 旅行中最低限の現金しか持ち歩かないですむ(ホテルの枕チップなどに使う分は必要)
  • 現地通貨への両替が不要で、クレジットカード決済した時の方が為替手数料(レート)がお得
  • 現金を多く持たないので、すりや紛失、盗難のリスクが減る。
  • 万が一クレジットカードを紛失、盗難、不正利用があってもカード会社の補償がある。
  • クレジットカードで現金(キャッシング)がおろせる。(手数料はかかります。)
  • クレジットカード決済なので買い物がスムーズにできる。
  • ホテルチェックインの時必要なデポジット(保証金)のかわりになり現金がいらない。
  • 上位ランクのクレジットカードなら空港のラウンジなどが使える。

海外旅行で強いクレジットカードのブランド(種類)は

クレジットカードのブランド(種類)

おすすめ利用国・地域備  考  
VISA card世界全般(特に北米)※世界NO1シェア
Master card世界全般(特にヨーロッパ))※世界NO2シェア
American Express cardアメリカ方面※上位クラスのステータスあり
JCB cardハワイ・日本・韓国などアジアの一部※日本語サポートあり
  • 海外旅行・国内旅行の保険は付帯しているか。
  • 旅行保険が付帯しているならどんな内容か、海外旅行傷害保険に加入しなくても良いレベルか。
  • 海外でのサポートのある、なし ※海外旅行傷害保険の窓口でもいい
  • 楽天カードで楽天トラベル予約するなどクレジットカードによって予約サイトを選ぶとお得。

海外旅行でクレジットカードを利用する時・利用できない時などの疑問

クレジットカードはどこで利用できるのか。

宿泊するホテルや食事をするレストランの支払いやお土産物やデパートなどほとんどのお店で使えます

ただ、地方都市にある個人営業の小さな商店や道端の路面店(売店)などは使えないことが多いです。

また、クレジットカードのブランドによってはお店が加盟していない可能性もあります。

※JCBcardは加盟店が少なく使えないことが多いので、VISAかMastercardを選びましょう。

クレジットカードが利用できないときはどんな時か。

  • 自分のクレジットカードが不正使用されてカード会社にロックされた時⇒カード会社へ連絡して利用状況を確認してください。
  • クレジットカードの利用限度額をオーバーした時⇒他のクレジットカードを利用するか、カード会社に連絡して一時的に利用限度額を上げる。
  • クレジットカードの有効期限切れ⇒クレジットカードは利用できません。カード会社に新しい有効期限のカードを再発行してもらう。

海外旅行にクレジットカードはないてもOK?

持って行かなくてもいいがデメリットが多く不便です。

現金が必要になるので両替が必要で、その都度両替手数料がかかる。

ホテルでチェックインする時デポジット(保証金)が現金で必要

常に現金を持ち歩くので、紛失や盗難のリスクが増える

レストランやお店などでは現金支払いを嫌がるところがある。

海外旅行にクレジットカードを持って行くメリット

こんなメリットがあります。

1、海外旅行傷害保険が付帯しいるクレジットカード

2、ポイント・マイルがたまりやすい

3、ホテルチェックイン時にデポジット(保証金)がいらないので便利

4、空港内にある専用ラウンジが利用できるハイグレードなクレジットカードがある。

5、JCBカードなどは、海外での日本語サービスやカード会社のラウンジがあり利用できる。

海外旅行に行くときは最低でも2枚以上のクレジットカード(VISAcard、Mastercard、American Express card、JCBcard)を持っていくと、いざ1枚のクレジットカードが使えないとなった時のリスクをさけられます。

クレジットカードで支払いをすれば、ポイントやマイルもたまります。

年会費がかからないクレジットカードなら何枚持ってもコスト0(年会費0円)

さらに上位クラスのゴールドカードやプラチナカードを持てば空港専用ラウンジが利用できるなど海外旅行をより快適にできます。

尚、保険対象条件は変更する場合がありますのでクレジットカード付帯の海外・国内旅行傷害保険の利用を検討する場合は必ず事前に保険対象条件を利用するクレジットカード会社へ確認ください。

タイトルとURLをコピーしました