“アメリカ旅行 何泊がベスト?都市別滞在プランと観光ルートを徹底解説!”

アメリカ・カナダ

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

皆さんこんにちはもしくはこんばんは!旅行会社勤務のレッドTレックスです。

アメリカは広大な土地に、多くの大都市と自然豊かな観光スポットがたくさんあります。
とても広大で多彩で魅力的な国「アメリカ」を旅する時に、いったいどれだけの日数(宿泊数)が必要なのでしょうか?
お休みが取れる日数が人それぞれですので「この日程が必ず必要です!」とまでは言いません。

アメリカ旅行を計画する時どの都市で何泊して、どのように観光すれば効率的で満足度の高い旅行になるのかは、自分の旅行スタイルや興味に合わせてプランニングすることです。

今回は、「アメリカ旅行にはいった何泊」くらい必要か考察し、3泊5日、4泊6日、5泊7日以上のように日程パターン別におすすめの都市別滞在プランと観光ルートを紹介します。
アメリカ旅行の計画を立てる際の参考にしていただければ幸いです。

<アメリカの主な観光スポット>

  • 西海岸カルフォルニア州にあるエンターテイメントの聖地「ロサンゼルス」
  • 砂漠の夜にネオン輝くカジノの町「ラスベガス」
  • 東海岸にある多種多様な人種や文化が入り混じった街「ニューヨーク」
  • そして歴史と坂道が入り混じった美しい港町「サンフランシスコ」

他にも数多くい魅力的な都市が点在しています。

<アメリカ行きツアーはこちらからチェック!>

  1. アメリカ旅行 何泊おすすめ – 旅の長さで変わるアメリカの魅力
    1. 短期滞在と長期滞在のメリット・デメリット
    2. シーズンごとのおすすめ滞在日数
  2. 滞在日数(何泊以上)によるアメリカ旅行の満足度
    1. アメリカ旅行 何泊 何日 – 都市ごとの滞在プラン
    2. アメリカ旅行 3泊5日: ロサンゼルス1都市の滞在プラン
    3. アメリカ旅行 5泊7日: ロサンゼルスとラスベガス2都市の滞在プラン
    4. アメリカ旅行 9日間以上: 複数都市を巡る滞在プラン
    5. アメリカ旅行東海岸 ニューヨーク滞在プラン – 世界的大都市の魅力を楽しむ
    6. オーランド (フロリダ) ディズニーワールド滞在プラン – 夢と魔法の世界へ
  3. アメリカ旅行 – 各滞在地から行くべき観光スポット
    1. ロサンゼルスの有名観光地
    2. ラスベガスの有名観光地
    3. ニューヨークの有名観光地
    4. サンフランシスコの有名観光地
  4. 【Q&A】よくある質問
    1. アメリカ入国の手続き: ESTA(ビザ免除プログラム)の申請方法
    2. アメリカ国内の移動方法とおすすめ
      1. 航空機(航空券):
      2. バス(長距離バス):
      3. 鉄道:
      4. レンタカー:
    3. アメリカでの宿泊施設と予約方法
      1. ホテル:
      2. モーテル:
      3. バケーションレンタル(貸アパート、貸別荘):
      4. ホステル:
  5. 【まとめ】アメリカ旅行 何泊 – 最適な滞在日数を見つけよう
    1. 日数別プランの再確認
    2. 旅の目的に合わせた最適な滞在日数の見つけ方
    3. 準備と計画で快適で安心のアメリカ旅行を
  6. アメリカへの旅行を計画されている方へ
    1. 一括見積依頼が無料でできる
    2. 見積料金の比較
    3. ハネムーン(新婚旅行)の見積もり無料

アメリカ旅行 何泊おすすめ – 旅の長さで変わるアメリカの魅力

アメリカは広大な国であり、その土地ごとに異なる魅力、文化が満ちています。
その広さゆえに「何泊滞在するのが理想的なのか」ということは、初めてアメリカ旅行を計画するときの大きなポイントのひとつです。
そこでまずは、アメリカ旅行の短期滞在と長期滞在のメリット・デメリット、そしてシーズンごとのおすすめ滞在日数をご紹介します。

短期滞在と長期滞在のメリット・デメリット

【短期滞在の場合】 

  •  メリット : アメリカの主要都市の1都市に集中して効率的に回ることができます。また、旅行期間が短いので休み期間と費用を節約することができる。
  •  デメリット: 2都市、3都市と多くの都市や有名観光地を回るには時間が足りない

【長期滞在の場合】

  • メリット : アメリカの多くの都市や観光地を訪れることができる。一度の旅行でアメリカ文化や景色、食など多くを深く体験することができる。
  • デメリット: 旅行の滞在費用が高くなる。長い休み(旅行期間)が必要なため、社会人にはスケジュール調整が難しい

シーズンごとのおすすめ滞在日数

  • 【春・秋】:天候が穏やかで観光に最適なシーズンです。1週間程度の滞在がおすすめで、2都市以上複数の都市を訪れることができます。
  • 【夏】:熱い季節ですが、各地でフェスティバルやイベントが多く行われる。短期滞在3~5日程度でも主要なイベントや観光スポットに合わせて楽しむことができる。
  • 【冬】:スキーやスノーボードを楽しむなら、1週間以上の滞在を考えると良いでしょう。クリスマスや年越しなど冬季限定イベントやイルミネーションを満喫できます。

<アメリカ旅行に役立つ英会話はこちらの記事をチェック!>

滞在日数(何泊以上)によるアメリカ旅行の満足度

旅行期間、泊数によって旅の満足度、充実度はどのように変わるのでしょうか。
旅行期間が短い場合は、1都市滞在で周辺を効率的に観光すること、長期期間滞在できる場合は複数の都市をゆっくり移動しながら数多くの都市、観光地を巡ることができます。

アメリカ旅行 何泊 何日 – 都市ごとの滞在プラン

アメリカはその広大な土地に、異なる文化や歴史、そして広がる絶景に自然造形美、各都市ごとに多くの魅力があります。アメリカのどの都市を訪れ、何泊滞在するのが最適なのか?
1都市滞在から複数都市を巡るプランまで、異なる滞在日数でのおすすめの都市滞在プランをご紹介します。

アメリカ旅行 3泊5日: ロサンゼルス1都市の滞在プラン

<ロサンゼルス1都市滞在5日間プラン>

日程場所観光内容所要時間移動時間
1日目日本→ロサンゼルス 日本発 飛行機にて空路、ロサンゼルスへ約12時間
2日目ロサンゼルス午前: ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム、チャイニーズシアター巡り
午後: サンタモニカビーチでリラックス(ルート66)
終日約1時間
3日目ロサンゼルス終日: ユニバーサルスタジオハリウッドの訪問
夕刻: グリフィス天文台で夕日を観賞
終日約30分
4日目ロサンゼルス 空路、帰路の途へ約12時間
5日目日本日本着

2日目は、ロサンゼルスでハリウッド地区の観光スポットサンタモニカビーチ観光
3日目は、ユニバーサルスタジオハリウッドと、グリフィス天文台
所要時間、移動時間は目安であり、交通状況により異なることがあります。

ロサンゼルス・D観戦ツアーならこちらから予約!>

【HIS】ロサンゼルス・D観戦ツアー1試合観戦チケット付きコース!

アメリカ旅行 5泊7日: ロサンゼルスとラスベガス2都市の滞在プラン

<ロサンゼルス3泊&ラスベガス2泊西海岸2都市周遊>

日程場所観光内容所要時間移動時間
1日目日本→ロサンゼルス 日本発 飛行機にて空路、ロサンゼルスへ約12時間
2日目ロサンゼルス午前: ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム、チャイニーズシアター巡り
午後: サンタモニカビーチでリラックス(ルート66)
終日約1時間
3日目ロサンゼルス終日: ユニバーサルスタジオハリウッド訪問
夕刻: グリフィス天文台で夕日を観賞
終日約30分
4日目ロサンゼルス
→ラスベガス
午前: ロサンゼルス発、空路ラスベガスへ
午後: ストリップ通りのカジノとホテル巡り
夕刻: 有名なショー鑑賞
終日約1時間
5日目ラスベガス終日: グランドキャニオン観光 終日往復約4時間
6日目ロサンゼルス空路、帰路の途へ約12時間
7日目日本日本着

2日目にはハリウッド地区の観光サンタモニカビーチでのリラックス
3日目にはユニバーサルスタジオハリウッドの訪問とグリフィス天文台での夕日観賞
4日目はラスベガスへの移動とストリップ通りでのアクティビティ
5日目はグランドキャニオン観光
所要時間、移動時間は目安であり、交通状況により異なることがあります。

アメリカ旅行 9日間以上: 複数都市を巡る滞在プラン

ロサンゼルス (3泊)&ラスベガス (2泊)&サンフランシスコ (2泊)9日間アメリカ西海岸3都市周遊

指定された行程に基づいて、日程表をテーブル形式で作成します。サンフランシスコ市内観光のスポットについては、代表的な観光地を追加します。

日程場所観光内容(活動)所要時間移動時間
1日目日本→ロサンゼルス 日本発 飛行機にて空路、ロサンゼルスへ約12時間
2日目ロサンゼルス午前: ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム、チャイニーズシアター巡り
午後: サンタモニカビーチでリラックス(ルート66)
終日約1時間
3日目ロサンゼルス終日: ユニバーサルスタジオハリウッド訪問
夕刻: グリフィス天文台で夕日を観賞
終日約30分
4日目ロサンゼルス
→ラスベガス
午前: 移動
午後: ストリップ通りのカジノとホテル巡り
夕刻: 有名なショー鑑賞
終日約1時間
5日目ラスベガス終日: グランドキャニオン観光 終日往復約4時間
6日目ラスベガス→
サンフランシスコ
午前: 移動
午後: サンフランシスコ市内観光(アルカトラズ島、ケーブルカー体験、リンカーンパークなど)
午後約1.5時間
7日目サンフランシスコ午前: フィッシャーマンズワーフとピア39の探索
午後: ゴールデンゲートブリッジ観光、サウサリートの町訪問
終日
8日目サンフランシスコ空路、帰路の途へ約12時間
9日目日本日本着

1日目に日本からロサンゼルスへの移動を行い
2日目はハリウッド地区の観光サンタモニカビーチでのリラックスを楽しむこと
3日目にはユニバーサルスタジオハリウッドグリフィス天文台を訪れ
4日目にはラスベガスへ移動してカジノやショーを楽しむ
5日目はグランドキャニオン観光
6日目にはサンフランシスコへ移動し市内観光を楽しむ
7日目はフィッシャーマンズワーフピア39の探索、ゴールデンゲートブリッジの観光
所要時間、移動時間は目安であり、交通状況により異なることがあります。

アメリカ旅行東海岸 ニューヨーク滞在プラン – 世界的大都市の魅力を楽しむ

ニューヨークは、アメリカを代表する大都市であり、多くの観光名所やエンターテイメントが集まる場所です。

<ニューヨークの主要な観光スポットを巡る4泊6日滞在プラン>

日程場所観光内容所要時間移動時間
1日目日本→ニューヨーク 日本発 飛行機にて空路、ニューヨークへ約14時間
2日目ニューヨーク午前: タイムズスクエアの探索とロックフェラーセンターの展望台観光
午後: セントラルパークでの街散策
終日
3日目ニューヨーク午前: 自由の女神像とエリス島へのクルーズ観光
午後: ウォールストリートと911メモリアル訪問
終日
4日目ニューヨーク午前: メトロポリタン美術館の訪問
午後: ブロードウェイショーの鑑賞
終日
5日目ニューヨーク空路、帰路の途へ約14時間
6日目日本日本着

1日目に日本からニューヨークへ移動
2日目はタイムズスクエアロックフェラーセンターの展望台を訪れ、午後はセントラルパーク散策
3日目は自由の女神像エリス島のクルーズ観光、午後はウォールストリート911メモリアルを訪問
4日目はメトロポリタン美術館の訪問とブロードウェイショーの鑑賞
5日目にニューヨークを出発
6日目に日本に到着
所要時間、移動時間は目安であり、交通状況により異なることがあります。

オーランド (フロリダ) ディズニーワールド滞在プラン – 夢と魔法の世界へ

オーランド(フロリダ)にあるウォルト・ディズニー・ワールドは、世界最大のテーマパークリゾートであり、4つの主要なテーマパークと2つのウォーターパークがあります。

<ディズニーワールドを満喫する滞在6日間プラン>

日程場所観光内容所要時間移動時間
1日目日本→オーランド日本発 飛行機にて空路、オーランドへ約14時間
2~3日目ウォルトディスニーワールド終日: マジックキングダムなどのパークで楽しむ一日終日
4日目オーランド半日: ハリウッド・スタジオ観光
半日: ショッピング
終日
5日目オーランド空路、帰路の途へ約14時間
6日目日本日本着

1日目に日本からオーランドへ移動
2日目から3日目までウォルトディスニーワールドの各パークを訪れる
4日目はハリウッド・スタジオの観光とショッピング
5日目にオーランドを出発
6日目に日本に到着
所要時間、移動時間は目安であり、交通状況により異なることがあります。

アメリカ旅行 – 各滞在地から行くべき観光スポット

アメリカ各都市ごとそれぞれ独自の魅力があり、宿泊地からの観光ルートを事前に計画することで効率よく主要観光スポットをまわることができます。
ロサンゼルス、ラスベガス、ニューヨーク、サンフランシスコ、4都市のおすすめ観光スポットを各都市ごとにピックアップして簡単にご紹介します。

ロサンゼルスの有名観光地

ロサンゼルスは、エンターテイメントの都として世界中に知られています。

  • ハリウッド:映画産業の中心地、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム、TCLチャイニーズシアターなど見所多数。
  • ユニバーサルスタジオ:映画とテーマパーク、セットやアトラクションを楽しめる。
  • サンタモニカビーチ:美しいビーチとリゾート、サンタモニカピア、ショッピングやレストランも充実。

<ロサンゼルス旅行の記事はこちらをチェック>

ラスベガスの有名観光地

砂漠の街ラスベガスは、その華やかなカジノとエンターテイメントが人気の眠らない街です。

  • ストリップ通りのカジノホテル:多くの豪華なカジノホテルが立ち並ぶ、ショーやイベントも開催
  • ベラージオの噴水ショー:有名な音楽と光の噴水ショー
  • フリーモント・ストリート・エクスペリエンス:ライトショーとライブパフォーマンスが楽しめる歩行者専用通り、ショッピングや食事も充実。
  • グランドキャニオン:ラスベガスからの日帰りツアーで訪れることが可能で、壮大な自然の景観を堪能できる。

ニューヨークの有名観光地

ニューヨークは、アメリカの文化と歴史の中心地であり、多くの人々にとって一度は訪れたい都市となっています。

  • 自由の女神:アメリカの象徴的なランドマーク、フェリーでリバティ島に渡り、像を間近で見ることが可能。
  • タイムズスクエア:活気に満ちたニューヨークの繁華街、ネオンライトと巨大な広告看板が特徴。
  • セントラルパーク:都市のオアシスで広大な緑地、散策やピクニックに最適。
  • ブロードウェイショー:世界的に有名なミュージカルや演劇、チケットを事前に予約して観劇を楽しむ。
  • 美術館や歴史的建築物:メトロポリタン美術館、アメリカ自然史博物館など歴史的な建築物も多く、観光に最適。

サンフランシスコの有名観光地

サンフランシスコは、その美しい海岸線と歴史的な街並み、そして革新的な技術と文化の融合が魅力の都市です。

  • ゴールデンゲートブリッジ:サンフランシスコの象徴的な赤い吊り橋で歩いて渡ることも可能。
  • アルカトラズ島:有名な歴史的監獄でフェリーで島に渡り、ガイドツアーに参加できる。
  • フィッシャーマンズワーフ:活気ある観光エリア、シーフードレストランやショッピング、観光クルーズが楽しめる。
  • シリコンバレー:世界的に有名なIT技術の中心地、テクノロジー企業やイノベーションを見学。

<アメリカ旅行に必要なアイテムはこちらの記事をチェック!>

【Q&A】よくある質問

アメリカ旅行を計画する際には、さまざまな疑問が浮かぶことでしょう。
ここでは、アメリカ入国に必要なESTA(ビザ免除プログラム)や、国内の移動方法、宿泊施設の予約方法について、具体的な手順とともに解説します。

アメリカ入国の手続き: ESTA(ビザ免除プログラム)の申請方法

アメリカを訪れる際、日本人旅行者はビザ免除プログラム(VWP: Visa Waiver Program)の一環として、事前にESTA(Electronic System for Travel Authorization)の申請が必要です。
ESTAは電子渡航認証システムで、ビザなしでアメリカに入国するための事前認証を受けるためのものです。
<ESTAの申請手順を簡単にご案内します>

  • ESTA申請の準備:有効なパスポート、クレジットカード(申請料の支払いに使用します)
  • オンラインで申請ESTA公式ウェブサイト (https://esta.cbp.dhs.gov/esta/) にアクセスし、申請フォームを記入、必要事項を正確に入力し、申請料14ドルを支払います。
  • 申請の確認:申請が承認されると、メールで通知が届きます。通常、申請後72時間以内に結果が通知されますが、早めに申請することをお勧めします。
  • 出発前の確認:ESTAの認証は2年間有効で、その間に複数回の入国が可能ですが、新しいパスポートを取得する、または個人情報が変わると再申請が必要です。

アメリカ国内の移動方法とおすすめ

アメリカは広大な国であり、国内の移動方法は多岐にわたります。
航空機、バス、鉄道、レンタカーなど、目的地や予算、時間によって最適な移動方法を選ぶことが重要です。

航空機(航空券):

アメリカ国内の主要都市間は、やはり航空機で移動することがおおくなります。
航空券は、航空会社の公式ウェブサイトや、航空券比較サイトを利用して予約することができます。
アメリカ国内航空券の予約可能なサイトはここ!格安航空券エアトリ

<ロサンゼルス行き航空券の情報はこちらから>

バス(長距離バス):

バスは比較的安価で経済的な移動方法であり、GreyhoundMegabusなどの長距離バス会社が便利です。(※英語サイトとなります)
オンラインで事前に予約することで、安価なチケットを購入することが可能です。

鉄道:

アムトラックは、アメリカ国内の主要都市間を結ぶ鉄道です。
(※英語サイトとなります)
スカイラインや自然の美しいルートを楽しみながらの移動が可能で、オンラインで予約ができます。

レンタカー:

自由に移動したい場合は、レンタカーがお勧めです。
ハーツレンタカー(※日本語サイト)
主要なレンタカー会社はオンラインで予約を受け付けており、空港近くでの車をピックアップしたりドロップオフしたりできるので便利です。

アメリカでの宿泊施設と予約方法

アメリカ旅行で選ぶの宿泊施設にはたくさんの選択肢があります。
ホテル、モーテル、バケーションレンタル(貸別荘)、ホステルなどがあります。
各宿泊施設の特徴を簡単に説明します。

ホテル:

やはりまず思い浮かぶのはホテルで、アメリカの主要都市にも多くのホテルがあります。
ホテルの予約は、オンラインの予約サイトやホテルの公式ウェブサイト各旅行会社など利用すると便利です。価格を各サイトで比較して、お得な宿泊予約条件を探して選びましょう。

<おすすめホテル予約サイトはこちら!>

モーテル:

モーテルは、通常は郊外や高速道路沿いに位置しており、レンタカーを利用する旅行者に便利です。
予約はオンライン、電話、または直接現地で行うことができますが、利用の難易度は高めです。

バケーションレンタル(貸アパート、貸別荘):

日本でも最近知られるようになった宿泊方法で、アメリカでは一般的です。 
AirbnbVrboなどの予約サイトを利用して、アパートや家全体を借りることができます。
この予約方法・手段は、長期滞在をする方に適しています。

ホステル:

ホステルはバックパッカーや予算を抑えたい学生などの旅行者におすすめです。
エクスペディア や 【Booking.com】などのウェブサイトで予約が可能です。

宿泊施設を予約する時には、料金、立地、設備、利用者のレビューをチェックすること、さらにホテル予約サイトによっての料金比較を行い、自分にあった宿泊先を見つけましょう。
必ず予約時にキャンセルポリシー(取消規定)など予約条件を確認しましょう。

<海外旅行をより快適に!選りすぐりの便利グッズ特集記事はこちら>

【まとめ】アメリカ旅行 何泊 – 最適な滞在日数を見つけよう

アメリカはその広大な国土に、たくさんの魅力ある都市、観光地があり、旅行者にとってどこにいくか、どのようにまわるか、何日間(何泊)いるか、など事前に計画することがたくさんあります。
これまで紹介してきた内容をもとに、自分の旅行スタイルや興味に合わせてプランニングすることです。
皆さんの最適な滞在日数(何泊か?)の見つけ方と、準備・計画のポイントをおさらいしていきましょう。

日数別プランの再確認

旅行日数の違い、旅行期間でアメリカ旅行での目的地、旅行ルートが変わってきます。
短い滞在期間では1都市に集中して観光地を効率よく巡ることができ、少し多い滞在期間であれな2都市、3都市とより多くの都市をめぐることができます。
さらに、留学やホームステイなどの長期滞在ではアメリカの文化を深く体験することができ、さらに多くの異なる都市や地域をめぐることができます。
それぞれの旅行期間(日数)別プランの特徴を考えながら、自分の休暇期間、旅行目的や予算に合わせて最適な滞在日数を見つけましょう。

旅の目的に合わせた最適な滞在日数の見つけ方

旅の目的は滞在日数を決定する大きな要因となります。
ビジネス、観光、ハネムーン、留学やワーキングホリデーなど、目的ごとに最適な滞在日数が異なります。
目的に応じて訪れる都市や観光地を事前にリストアップし、それに基づいて滞在日数を計画することがおすすめです。

準備と計画で快適で安心のアメリカ旅行を

時間に余裕をもった良い計画と準備は、快適で安心な旅を実現する鍵となります。

  • ESTA登録
  • 早めの航空券や宿泊施設の予約
  • 現地アメリカ国内の移動の方法を事前に確認と予約

この順番で必要な準備を済ませていきましょう。
また、現地の法律やマナーについても事前に調べておくことで、安心した旅行を楽しむことができます。
あなたにとって最適なアメリカ旅行の滞在日数を見つけ、素敵な旅の思い出を作ってください。

<アメリカ行きのパッケージツアーを探すならこちら>

アメリカへの旅行を計画されている方へ

それでも個人手配はちょっと抵抗がある、ツアーでは自由度が少なくなる、このようにお悩み方も多いと思います。
そんな時に便利なサイトがありますそれが一括見積もりサイトのタウンライフ旅さがしです。
「タウンライフ旅さがし」のページ開くとこのよな画面になります。

自分で手配するのは、

正直面倒くさい、心配、時間的に難しい、何が正解かわからない

という方はぜひプロに旅行プランの見積りを依頼してみましょう。
無料見積もりを依頼するとこんなことができます。

タウンライフ旅さがしにはあなたの旅行プランを効率的に立てるれる多くのメリットがあります。

そしてタウンライフ旅さがしを利用するメリットはまさにこれです!

オーダーメイドの個人旅行の見積もりはこちらから

\見積もり依頼無料/

一括見積依頼が無料でできる

サイトの問い合わせプラットフォームに内容を入力すれば、複数の旅行会社に一度に見積もり依頼を【無料】でおこなうことができます。
一回一回問い合わせする手間をかけずに、複数の旅行会社からいろいろな見積もりをもらいその中から最適な旅行プランを選べます。

見積料金の比較

旅行プランの下記フォームに必要事項を入力して一括見積もり送信するだけです。

複数社から受け取った見積もりの内容と旅行代金を簡単に比較できることができます。
旅行内容と料金をあわせてあなたに最適な旅行プランを見つけましょう。

ハネムーン(新婚旅行)の見積もり無料

タウンライフ旅さがしではハネムーン(新婚旅行)の無料見積もりにも対応しています。

ハネムーンこそ複数の旅行会社に見積もり依頼することをおすすめします。
いろんな旅行会社から提案をもらうことによって、お得なプランや自分では考えなかったプランなどいろいろな発見があります。
タウンライフのメリットを最大限活用しましょう。

まずは旅行内容を比較してから自分好みにアレンジしていくなんてことも可能です。


\オーダーメイドのハネムーンの見積もりはこちらから/

ぜひ、気軽な気持ちでお試しください。

タイトルとURLをコピーしました