ヨーロッパの複数国をめぐる旅行ガイド:周遊旅行の計画から実行まで

ヨーロッパ

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

皆さんこんにちはもしくはこんばんは!旅行会社勤務のレッドTレックスです。

ヨーロッパには多くの国、豊かな文化、そして歴史的な街並みなど有名観光スポットがたくさんあり、世界らか旅行者が訪れる魅力ある旅行先です。
ヨーロッパの複数の国を巡る旅行を企画するときは、巡る順番をしっかりと計画しましょう。
今回は、複数国を一緒にまわるヨーロッパ旅行をテーマに、ヨーロッパ旅行の基本情報から、予算の立て方、理想的な旅行日数、おすすめモデルコース、そして旅行中のよくある質問まで、詳しく紹介してまいります。
複数国旅行つまりヨーロッパ周遊旅行を計画される方は参考にしてみてください。

<ヨーロッパツアーの予約はこちらから>

  1. ヨーロッパ周遊旅行の魅力と基本情報
    1. ヨーロッパ周遊旅行の渡航(入国)条件情報
    2. ヨーロッパを周遊する魅力とは
    3. ヨーロッパ周遊旅行の予算計画の基本
  2. どれくらいの日数でどれくらいの国をまわるのが理想か!
    1. ヨーロッパの旅行期間・日数別の訪問国数の目安
    2. 旅行期間と費用(コスト)のバランスは
    3. 短期間での周遊と長期間での周遊の比較
      1. 短期間での周遊
      2. 長期間での周遊
  3. ヨーロッパ周遊旅行の予算計画の基本
    1. 旅行のための予算の立て方
      1. 1. 交通費と宿泊費
      2. 2. 欧州内移動費、食費、観光費(滞在費)
    2. 予算立てのポイント
    3. 旅行中の節約テクニック
      1. 食費の節約術
      2. 宿泊費の節約術
      3. 交通費の節約術
    4. 予期せぬ出費に備える準備、方法
      1. 海外旅行傷害保険への加入
      2. 緊急連絡先の準備
      3. 現金、クレジットカードの準備
  4. ヨーロッパの複数国を巡るモデルコース
    1. ヨーロッパ周遊8日間、12日間、15日間のモデルコース
      1. 「欧州人気の3都市周遊: ロンドン&パリ&ローマ8日間」
      2. 「1回の旅行で5都市を巡る:ヨーロッパ周遊12日間」
      3. 「ヨーロッパ大陸縦断:人気の6都市を巡る15日間」
    2. 周遊しやすいおすすめの都市と国の組み合わせ例
      1. 1. フランスとベルギー、オランダ:パリ – ブリュッセル – アムステルダム
      2. 2. イタリア人気3都市巡り:ローマ – フィレンツェ – ベネチア
      3. 3. ヨーロッパ中欧人気3都市:プラハ – ウィーン – ブダペスト
      4. 4. 地中海クルーズ:バルセロナ – ニース – ローマ
    3. ヨーロッパ内を効率的に移動する方法
      1. 1. 飛行機
      2. 2. 列車(鉄道)
      3. 3. バス(長距離バス)
      4. 4. レンタカー(国際免許証必須)
      5. その他の選択肢
  5. 安全な旅行方法とQ&A – よくある質問
    1. ヨーロッパでの安全な旅行方法
    2. Q&A – よくある質問
  6. まとめと旅行計画の立て方
    1. ヨーロッパ周遊旅行の魅力と注意点の再確認
    2. 旅行計画を立てるためのチェックリストとヒント
  7. ヨーロッパへの旅行を計画されている方へ
    1. 一括見積依頼が無料でできる
    2. 見積料金の比較
    3. ハネムーン(新婚旅行)の見積もり無料

ヨーロッパ周遊旅行の魅力と基本情報

ヨーロッパは世界有数の人気旅行先として、その多様な文化、豊かな歴史、そして異なる言語と伝統を持つ国々が数多くある地域です。
ヨーロッパ旅行を計画する際は、渡航先の国の入国(ビザの有無)の要件、最適な旅行時期、旅行時期の気候の違い、さらには国や地域ごとの交通手段など、基本的な情報を事前に調べましょう。

ヨーロッパ周遊旅行の渡航(入国)条件情報

ヨーロッパではシェンゲン協定に加盟している国が多く、協定内の国で入国をすれば他の加盟国へはビザなしでの移動ができ最後の国で出国手続きすることができます。

シェンゲン協定とは

ヨーロッパの国家間で国境検査なしで国境を越えることを許可する協定です。ヨーロッパ内の人やモノの移動を自由にするため現在では26ヶ国が加盟しています。

ただし、入国条件が変更となる場合がありますので必ず外務省のホームページなどで事前に確認しましょう。

外務省 海外安全ホームページ

<旅行先の国別パスポートの残存有効期限確認はこちらの記事で>

ヨーロッパを周遊する魅力とは

ヨーロッパを周遊する魅力は、各国間の距離が短い(近い)ので移動がしやすく1回の旅行で多くの国や文化を巡ることができるメリットがあります。

  1. 地理的利点(メリット):
  • ヨーロッパ各国間の距離が短いため、簡単に国をまたぐ移動ができます。
  • 電車利用で数時間で隣国へ移動可能で、1回の旅行で複数の国を訪れることができる。
  1. ヨーロッパの文化的多様性:
  • 異なる言語や文化、各地の料理(食事)、そして歴史的建築物を豊富に経験できる。
  • パリのルーブル術館、ローマのコロッセオ、アムステルダムの運河など、各都市の代表的な観光スポットを訪れる。
  1. 地元文化の深い体験:
  • 地元市場やフェスティバル(お祭り)への参加をすれば、各地の深い文化が体験できる。
  • 現地の祭りに参加することは、特別な体験となり文化をより深く理解できる。
  1. 気候の多様性:
  • ヨーロッパは北部の寒冷地域から南部の地中海沿岸まで気候が大きく異なる。
  • 訪れる国や地域によって季節や気温が異なるため、季節(時期)に応じた服装を用意する。

ヨーロッパ周遊旅行の予算計画の基本

ヨーロッパ周遊の旅行計画において、予算設定(管理)が非常に大事です。
交通費(航空券代、欧州内移動費)、宿泊費(ホテル代)、食費、観光(入場料やオプショナルツアー大)費用など、事前にしっかりと計画し予算内で設定できるよう旅行計画をまとめていきましょう。

ヨーロッパ旅行の予算を賢く抑えるなら、飛行機とホテル予約がポイント!

この2つのが予算設定のポイントです。

  • 航空券は早めに探しはじめ、色々な航空券検索サイトで価格を比べて予約する。
  • ホテルは、旅行スタイルによってお手頃な価格のホステルや、少し安いエリアのホテルを選ぶ。

旅行先について、各都市の無料観光スポットを事前にリサーチして訪れたり、食事を地元の市場や屋台(ストリートフード)で食べたり、スーパーマーケットで食材を購入してホテルで食べたりと工夫して、旅行費用(コスト)をうまく抑えつつ充実した旅行を楽しむようにしましょう。

どれくらいの日数でどれくらいの国をまわるのが理想か!

どれくら旅行期間を取れるかによって一度にまわれる国、都市の数は限られます。
効率よく回れる旅行計画の立て方について紹介します。

ヨーロッパの旅行期間・日数別の訪問国数の目安

ヨーロッパ旅行を計画したとき、初め考えるのが旅行期間と、どの国や都市に訪れるではないでしょうか。
ヨーロッパでの旅行期間とそれに応じた訪問国数の計画は重要なポイント。

  1. ヨーロッパ1週間(7日間)の旅行
  • 訪問国数の目安: 2〜3カ国
  • 短い期間ですので、移動は効率的に計画し、行きたい主要都市を絞るようにしましょう。
  1. ヨーロッパ2週間(14日間)の旅行
  • 訪問国数の目安: 4〜5カ国
  • 多くの国を訪れる日数がありますので、各地を駆け足巡るか、じっくりと滞在するか旅行計画をは慎重に行いましょう。

これらの目安を基に、訪れたい場所や観光スポット、活動内容をリストアップし、滞在時間を考慮した上で宿泊日数を決定しましょう。
しっかりとした計画は、無理なく快適な旅行を実現する鍵です。

<旅行期間10日間の参考記事はこちら>

旅行期間と費用(コスト)のバランスは

当然ですが旅行期間が長くなれば、自然と費用も増加します。
ただ、日本からヨーロッパまでの移動時間や航空券代を考えると、旅行費用が増加したとしてもできる限り旅行期間を長くして、一回の旅行で一つでも多くの場所(国や都市)を訪れることをおすすめします。

できるだけ滞在期間を長くし、複数の国を1回の旅行でいっきにめぐることを目指して旅行計画してください。

自分が行く旅行期間とそれにあう旅行費用のバランスを考えながら、旅行計画を進めていきましょう。

短期間での周遊と長期間での周遊の比較

短期間の周遊旅行と長期間の周遊旅行では、計画方法が大きくかわります。
短期間で周遊旅行を組む場合は、主要都市の主要な観光地をピンポイントでまわることに集中した旅行プラを企画しましょう。

短期間での周遊

  • 特徴: 短期間(例えば1週間以内)で複数の主要都市を訪れる。
  • 目的: 主要な観光スポットを効率的に観光する。
  • 計画方法: 主要都市の代表的な観光地に焦点を当て、移動時間を最小限に抑えるためのルートを選ぶ。
  • 旅行例: 「ローマ6日間」や「ロンドン&パリ7日間」など、1都市または近接する都市を中心にプランを立てる。

長期間での周遊

  • 特徴: 長期間(例えば10日間、2週間、1ヶ月以上)をかけて広範囲に渡る国々を訪れる。
  • 目的: 各国の文化や地域を深く理解し、じっくりと観光する。
  • 計画方法: 旅行期間に合わせて、各地の文化や自然を堪能できるように、余裕を持ったスケジュールを組む。
  • 旅行例: 長期間をかけてヨーロッパの多様な国々を巡る、たとえば「10日間でドイツ、フランス、スペインを巡る旅」など。

旅行期間2週間の参考記事はこちら

ヨーロッパ周遊旅行の予算計画の基本

日本からヨーロッパまでは距離があります。
長距離移動となりますので日本⇔ヨーロッパ間の航空券代(飛行機代)がもっとも予算がかかります。その次に滞在日数によっての宿泊代(ホテル代)に予算がかかります。

旅行のための予算の立て方

ヨーロッパ旅行に限らず、予算を立てることは非常に大切です。
旅行の予算を立てる時、交通費、宿泊費、食費、観光費、現地移動費などを考えましょう。

1. 交通費と宿泊費

  • 主要な支出項目: 旅行の予算の中で最も大きな割合を占めるのが交通費と宿泊費です。
  • 航空券: 予算を立てる際には、航空券予約サイトと航空会社の公式サイトを比較し、最も安価なオプションを選ぶことが大切です。
  • 宿泊: 予約は早期に行うことで割安な料金を確保できることが多いです。宿泊施設の選定には、価格だけでなく、立地や利便性も考慮しましょう。

2. 欧州内移動費、食費、観光費(滞在費)

  • 欧州内移動: ヨーロッパ内の飛行機や列車での移動は、事前に予約をしておくと安価に済ますことが可能です。特に列車の場合、早割チケットやパスを利用すると経済的です。
  • 食費: 地元のスーパーマーケットで食材を購入して自炊する、またはストリートフードを活用することで食費を抑えることができます。
  • 観光費: 観光地の入場料などは必ず事前に確認し、予算に含めましょう。無料で楽しめる観光スポットや特定の日に無料開放される博物館なども調べておくと良いでしょう。

予算立てのポイント

  • 柔軟な計画: 特定の日に予定を固めすぎず、柔軟な計画を立てることで、突発的な支出を避けることができます。
  • 為替のチェック: 旅行の予算を立てる際は、現地通貨への為替レートも考慮に入れると、より正確な予算設定が可能です。

航空券予約サイトと航空会社の公式サイトを比較して、より安い方で予約を決めましょう。

<航空券の予約はこちらから>

<航空券の選び方の記事>

ホテルを安く購入するにもしっかりと料金比較をしましょう。

<ホテルの予約はこちらから>

<ホテル予約の注意点はこちらの記事で>

旅行中の節約テクニック

予算内で旅行を楽しむために、できる限り旅行費用を節約していきましょう。
ヨーロッパは物価が高いイメージがあり、旅行中の滞在費の予算を立てるのが難しいという人も多いのではないでしょうか。
食費・宿泊費・交通費の3つのカテゴリーに分けて、具体的な方法を解説します。

食費の節約術

食費は、旅行費用の中で大きな割合を占めるものです。

  1. 地元のスーパーマーケットでの買い物: 日用品や食材を地元の価格で購入し、自炊を行うことで食費を大幅に節約。
  2. 現地の食文化を体験: ローカルな地元の屋台や市場で食べ物を買って食べることを楽しむ。
  3. ホテル予約で朝食なしを選択: 朝食なしプランにして、朝食費を調理することも節約の方法です。

宿泊費の節約術

宿泊費も旅行費用の中で大きな割合を占めるものです。

  1. ホテル以外の安い宿泊施設を利用: 民泊やホステルを活用すれば、ホテルに比べて宿泊費を節約できる。
  2. 旅行の時期を調整: シーズンオフや平日に予約することで宿泊料金が安くなる。
  3. 長期滞在割引: 長期間滞在することで利用可能な割引があるかも必ず確認する。

交通費の節約術

交通費も旅行費用の中で大きな割合を占めるものです。

  1. 公共交通機関を利用: レンタカーやタクシーは高いので、公共のバスや電車を積極的に利用する。
  2. 効率的なルートの選択: 乗り継ぎの少ない、直行ルートを選ぶことで時間と費用を節約。
  3. 割引運賃の活用: 早割、事前予約割引、学生割引、シニア割引など、利用可能な割引を調べて活用。

電車やバス、飛行機などヨーロッパ交通を予約するならOmioです。

\EU全域の鉄道、バス、飛行機、フェリー全てをカバー日本語予約対応

これらの節約テクニックを駆使して、旅行費用を予算内に抑えてヨーロッパ旅行を楽しみましょう。
ぜひ参考にしてみてください。
なお、節約ばかりに気をとられすぎて、旅行を楽しむのを忘れないようにしましょう。
予算内で無理のない範囲で、旅行を満喫できるようにしてください。

<ヨーロッパの中で滞在費が安い国の記事はこちら>

予期せぬ出費に備える準備、方法

どんなによく計画された旅行でも、予期せぬことが起こりえる可能性があります。

海外旅行傷害保険への加入

  • 海外旅行傷害保険の重要性: 予期せぬ医療費、交通事故、突然のキャンセルやトラブル等に備えるため、海外旅行保険には必ず加入すること。
  • 保険対応の範囲: 医療費はもちろん、盗難や荷物の損失、特約でキャンセル料などにも対応。

緊急連絡先の準備

  • 外務省:在外公館リスト: 旅行先の国にある日本大使館・領事館の連絡先を旅行前からは把握しておくと、緊急時の対応がスムーズに行えます。
  • 外務省サイト: 外務省のホームページから渡航先の危険情報など必要な情報を入手しおくこと。

現金、クレジットカードの準備

  • 小額現金の準備: 商店やチップ、緊急時に使えるよう現金を常に少額は持っておくこと。
  • 主はクレジットカード決済: 一つのカードが使えなくなった場合のために、2枚以上(複数)のクレジットカードを準備しておきましょう。

ヨーロッパの複数国を巡るモデルコース

ヨーロッパ周遊8日間、12日間、15日間のモデルコース

異なる期間に合わせたヨーロッパ周遊のモデルコースを案内します。

「欧州人気の3都市周遊: ロンドン&パリ&ローマ8日間」

ロンドン、パリ、ローマというヨーロッパを代表する人気の3都市を巡る8日間周遊プランです。

<ツアーポイント>

  • ロンドン: バッキンガム宮殿、ビッグ・ベン、ウェストミンスター寺院といった王室と歴史の息吹を感じるスポットを巡る。
  • パリ: エッフェル塔、凱旋門、ノートルダム大聖堂など、芸術とロマンスの都を象徴する地点で感動的なひとときを。
  • ローマ: 古代ローマの遺跡コロッセオ、トレビの泉、フォロ・ロマーノ、万神殿を訪れ、数千年の歴史に触れる機会。
日数都市観光スポット移動時間観光目安時間
1日目ロンドン成田空港発→ヒースロー空港着後、ホテルへ約12時間
2日目ロンドンロンドン市内観光:バッキンガム宮殿、
ビッグ・ベン、ウェストミンスター寺院
約8時間
3日目ロンドン → パリユーロスターで移動約2時間
4日目パリパリ市内観光:エッフェル塔、凱旋門、
ノートルダム大聖堂
約8時間
5日目パリ → ローマ飛行機で移動約2時間
6日目ローマローマ市内観光:コロッセオ、トレビの泉
フォロ・ロマーノ、万神殿
約8時間
7日目ローマ → 成田飛行機で帰国約12時間
8日目成田成田空港着

このコースでは、ロンドン、パリ、ローマの主要観光スポットを効率よく訪れ、各都市の魅力を堪能できるように移動時間も考慮しています。

「1回の旅行で5都市を巡る:ヨーロッパ周遊12日間」

ヨーロッパの魅力的な5都市、ロンドン、パリ、アムステルダム、ベルリン、コペンハーゲンを12日間で巡る周遊プラン。
それぞれの都市で歴史的名所を巡りながら、ヨーロッパの多様性を体験しましょう。

<ツアーポイント>

  • ロンドン:王室の気品あふれるバッキンガム宮殿、象徴的なビッグ・ベン、精神性高いウェストミンスター寺院を訪れる。
  • パリ:華の都パリで、エッフェル塔の壮大な景色を背に、凱旋門とノートルダム大聖堂の歴史に触れる。
  • アムステルダム:運河クルーズで水の都を満喫し、アンネ・フランクの家で感動的な時間を過ごす。
  • ベルリン:壁のない自由の象徴、ベルリンの壁跡を訪れ、ブランデンブルク門や国会議事堂でドイツの歴史に触れる。
  • コペンハーゲン:人魚姫像で知られる美しい海辺の景色、チボリ公園での息をのむような自然、ルイーズ橋周辺でのショッピングを楽しむ。
日数都市観光スポット移動時間観光目安時間
1日目ロンドン成田空港→ヒースロー空港着へ約12時間
2日目ロンドンロンドン市内観光:バッキンガム宮殿、
ビッグ・ベン、ウェストミンスター寺院
約8時間
3日目ロンドン → パリユーロスターで移動約2時間
4日目パリパリ市内観光:エッフェル塔、凱旋門、
ノートルダム大聖堂
約8時間
5日目パリ → アムステルダム列車で移動約2時間
6日目アムステルダムアムステルダム市内観光:
運河クルーズ、アンネ・フランクの家
約8時間
7日目アムステルダム → ベルリン列車で移動約3時間
8日目ベルリンベルリン市内観光:ベルリンの壁、
ブランデンブルク門、国会議事堂
約8時間
9日目ベルリン → コペンハーゲン列車で移動約2時間
10日目コペンハーゲンコペンハーゲン市内観光:人魚姫像、
チボリ公園、ルイーズ橋
約8時間
11日目コペンハーゲン→成田飛行機で帰国約12時間
12日目成田成田空港着

このコースでは、ヨーロッパの異なる文化を1回の旅行で体験できます、素敵な思い出を作りましょう。

「ヨーロッパ大陸縦断:人気の6都市を巡る15日間」

ロンドンの王室の雰囲気、パリのロマンティックな景観、アムステルダムの開放的な文化、ベルリンの壮大な歴史、プラハの絵のような街並み、そしてウィーンの華やかな芸術を一気に体験できるプランです。

<ツアーポイント>

  • ロンドン: バッキンガム宮殿、ビッグ・ベン、ウェストミンスター寺院など、英国の象徴的な有名観光地を巡る。
  • パリ: エッフェル塔や凱旋門など、世界で最も有名な観光地を訪れ、パリの生活を楽しむ。
  • アムステルダム: 運河クルーズとアンネ・フランクの家を訪れ、自由な都市の魅力に触れる。
  • ベルリン: ベルリンの壁の歴史を学び、ブランデンブルク門や国会議事堂の壮大さに感動。
  • プラハ: 中世の魅力が色濃く残る旧市街地を歩き、プラハ城やカレル橋を訪れる。
  • ウィーン: シェーンブルン宮殿やウィーン国立歌劇場で、オーストリア帝国の栄華を体感。
日数都市観光スポット移動時間観光目安時間
1日目ロンドン成田空港→ヒースロー空港着へ約12時間
2日目ロンドンバッキンガム宮殿、ビッグ・ベン、ウェストミンスター寺院約8時間
3日目ロンドン → パリユーロスターで移動約2時間
4日目パリパリ市内観光:エッフェル塔、凱旋門、
ノートルダム大聖堂
約8時間
5日目パリ → アムステルダム列車で移動約2時間
6日目アムステルダムアムステルダム市内観光:
運河クルーズ、アンネ・フランクの家
約8時間
7日目アムステルダム → ベルリン列車で移動約3時間
8日目ベルリンベルリン市内観光:ベルリンの壁、
ブランデンブルク門、国会議事堂
約8時間
9日目ベルリン → プラハ列車で移動約4時間
10日目プラハプラハ市内観光:カレル橋、旧市街広場、
プラハ城
約6時間
11日目プラハ → ウィーン列車で移動約3時間
12日目ウィーンウィーン市内観光:シェーンブルン宮殿、
ウィーン国立歌劇場
約8時間
13日目ウィーンベルヴェデーレ宮殿、ホーフブルク宮殿、歴史地区散策約8時間
14日目ウィーン → 成田飛行機で帰国約12時間
15日目成田成田空港着

この日程は、各都市の重要な観光スポットを効率的に巡る計画です。美しい中欧の都市を体験し、文化と歴史の世界へと誘います。

周遊しやすいおすすめの都市と国の組み合わせ例

ヨーロッパの都市の中で周遊しやすく、人気のあるルートをいくつか紹介します。

1. フランスとベルギー、オランダ:パリ – ブリュッセル – アムステルダム

この3都市は列車「ユーロスター、タリス」で移動が簡単です。

  • パリ(フランス): 美しい街並み、印象派のアート、ガストロノミーの宝庫。
  • ブリュッセル(ベルギー): 歴史的な建築物、チョコレートとビールの天国。
  • アムステルダム(オランダ): 運河の景色、自転車文化、芸術的な博物館。

<フランス旅行の予算計画と旅の魅力はこちら>

2. イタリア人気3都市巡り:ローマ – フィレンツェ – ベネチア

この3都市は列車「イタリア国鉄(トレニタリア)」で移動が簡単です。

  • ローマ(イタリア): 古代ローマの遺跡、バチカン市国、イタリア料理。
  • フィレンツェ(イタリア): ルネサンスの芸術、美しいドゥオモ、チャーミングな通り。
  • ベネチア(イタリア): 水の都、ゴンドラでのクルーズ、ロマンティックな雰囲気。

<イタリア旅行モデルコースはこちら>

3. ヨーロッパ中欧人気3都市:プラハ – ウィーン – ブダペスト

この3都市も列車で移動が簡単です。

  • プラハ(チェコ): 魅惑的な旧市街、プラハ城、活気ある夜の生活。
  • ウィーン(オーストリア): 華麗な宮殿、クラシック音楽、伝統的なカフェ文化。
  • ブダペスト(ハンガリー): セーチェーニ温泉、ドナウ川の景色、歴史的建築。

<チェコ旅行の費用とお得に楽しむ方法はこちら>

<ハンガリー旅行の費用を抑えるポイントと魅力はこちら>

4. 地中海クルーズ:バルセロナ – ニース – ローマ

3都市を地中海クルーズでめぐる旅です。

  • バルセロナ(スペイン): ガウディの建築、繁華なビーチ、タパス文化。
  • ニース(フランス): 地中海の美しいビーチ、芸術の町、プロムナード・デ・ザングレ。
  • ローマ(イタリア): 既に述べたとおり。

これらの紹介した各3都市ルートは、比較的近く、移動も簡単なため、効率的にまわることができます。ヨーロッパ旅行を計画する際は、これらの組み合わせも参考にしてみてください。

<20代女性学生が選ぶ!ローマで日本人におすすめのホテルはこちら>

旅行の行き先を考えるうえで便利なのがガイドブックです。
ヨーロッパ旅行のおすすめガイドブックはこちらです。

ヨーロッパ内を効率的に移動する方法

ヨーロッパ内の都市間を移動する場合は、効率的な移動手段を選ぶようにしましょう。
飛行機、列車、バス、レンタカーなど、さまざまな移動手段から選ぶ場合のメリットとデメリットを、それぞれの交通手段ごとにご紹介します。

1. 飛行機

  • メリット: 長距離を短時間で移動でき、時間を節約できる。
  • デメリット: ただ、空港までの移動やセキュリティチェックなど移動以外に意外と時間がかかる。
  • 適している場面: やはり遠距離の目的地への移動が必要な場合、ローマからバルセロナなど

2. 列車(鉄道)

  • メリット: 快適で景色を楽しみながら移動できる。市中心部から市中心部へ直接移動できる。
  • デメリット: 遠距離の移動は飛行機に比べて時間がかかる。
  • 適している場面: 近距離の都市間の移動をする場合、パリからブリュッセルなど

3. バス(長距離バス)

  • メリット: チケット代が安く経済的で、多くの目的地への移動(アクセス)が可能です。
  • デメリット: 他の交通手段と比べると移動時間が長い場合が多くなる。
  • 適している場面: 時間がありチケットをできるだけ安くしたい場合、都市間を長距離バスなど。

4. レンタカー(国際免許証必須)

  • メリット: スケジュールの自由度が高いく、田舎やアクセスが難しい場所への移動に便利。
  • デメリット: 駐車場の問題、燃料費、外国での運転に関する注意がある。
  • 適している旅行者: 自由な旅行を好む旅行者、旅行上級者向け

その他の選択肢

  • レンタル自転車: 環境に優しく、健康的。都市内や地方での短距離移動に便利です。
  • フェリー: 海を渡る移動や島へのアクセスに便利。のんびりとした旅を楽しむことができる。

旅行のスタイルや目的に応じて、これらの移動手段をうまく組み合わせて利用することで、ヨーロッパ内を効率的に移動でき充実したスケジュールで旅行することができます。

例えば、遠距離は飛行機で、都市間は列車やバスを利用するなど、旅行計画に応じて最適な手段を選んでいきましょう。

電車やバス、飛行機などヨーロッパ交通を予約するならOmio

\EU全域の鉄道、バス、飛行機、フェリー全て日本語予約対応

安全な旅行方法とQ&A – よくある質問

ヨーロッパでの安全な旅行方法

ヨーロッパは一般的に安全な旅行先といわれていますが、やはり旅行中常に注意が必要です。
観光地での安全対策、スリや詐欺から身を守る方法など、安全な旅行のための簡単なアドバイスを紹介します。

観光地での安全対策

  • 人混みの中では、周囲に注意しましょう。
  • 貴重品は、人目につかない場所に隠しましょう。
  • 声をかけられても、知らない人にはついていかないようにしましょう。
  • 怪しい人や状況に遭遇したら、すぐにその場から離れましょう。

スリや詐欺から身を守る

  • 人混みの中では、貴重品は常に肌身離さず持ち歩きましょう。
  • 貴重品は、ホテルの部屋のセーフティーボックスに保管しましょう。
  • バックパックやショルダーバッグは、前面に背負うようにしましょう。
  • 夜間の一人歩きは避けましょう。

Q&A – よくある質問

Q:ヨーロッパで夜間に一人歩きは危険ですか?

A:基本的には、夜間の一人歩きは危険です。特に、人通りの少ない場所は避けましょう。
また、女性の一人歩きは特に注意が必要です。

Q:ヨーロッパでスリや置き引きに遭わないためには、どのような対策をすればよいですか?

A:以下の対策を心がけましょう。

  • 貴重品は肌身離さず持ち歩きましょう。
  • バックパックやショルダーバッグは、前面に背負うようにしましょう。
  • 貴重品は、ホテルの部屋のセーフティーボックスに保管しましょう。
  • 人混みの中では、周囲に注意しましょう。
  • 怪しい人や状況に遭遇したら、すぐにその場から離れましょう。

Q:ヨーロッパで詐欺に遭わないためには、どのような対策をすればよいですか?

A:以下の対策を心がけましょう。

  • 声をかけられても、知らない人にはついていかないようにしましょう。
  • 怪しい人や状況に遭遇したら、すぐにその場から離れましょう。
  • 安すぎる商品やサービスは、何か裏があるかもしれません。
  • 旅行前に、詐欺の情報を調べておきましょう。

Q:ヨーロッパでビザや通貨の管理はどのようにすればよいですか?

A:以下の情報を確認しましょう。

  • 旅行先の国でのビザの要件
  • 旅行先の国の通貨の種類とレート
  • クレジットカードの利用可否
  • クレジットカードのキャッシング手数料

Q:ヨーロッパで言語の壁に困ったらどうすればよいですか?

A:以下の方法を試してみましょう。

  • 英語でコミュニケーションをとる
  • 翻訳アプリを利用する
  • 基本的な現地語のフレーズを覚える
  • 非言語的コミュニケーションを心がける

ヨーロッパ旅行を安全に、そして楽しい思い出にするために、ぜひ、これらのアドバイスを参考にしてください

まとめと旅行計画の立て方

ヨーロッパ周遊旅行の魅力と注意点の再確認

ヨーロッパ周遊旅行には、異なる文化や歴史、自然の美しさを短期間で巡ることができるという大きな魅力があります。

ヨーロッパ周遊旅行の魅力:

  • 文化の多様性: ヨーロッパ各国は独自の文化、言語、伝統を持っており、陸続きなので短い旅行期間でも数多くの国や地域をまわることができます。
  • 歴史的遺産: 古代遺跡から現代の建築まで、豊かな歴史的遺産をたくさん見ることができます。
  • 自然の景観: 雄大な山脈から美しい海岸線まで、自然の美しさを満喫できます。

注意すべき点:

  • 予算の管理: 移動手段、宿泊施設、食事などの費用を事前にある程度設定し、予算内で計画を立れるよう調整しましょう。
  • 安全対策: 盗難や詐欺から身を守るための準備と、緊急時の連絡先を事前に確認しておくことが重要です。
  • 健康管理と保険: 旅行中の万が一のケガや病気などに備え、必ず海外旅行傷害保険に加入しましょう。

旅行計画を立てるためのチェックリストとヒント

効率的な旅行計画を進めるためのポイントを意識しましょう。

  • 目的地の選定: 行きたい場所など目的に合わせて訪れる国や都市を選びましょう。
  • 移動計画: 移動手段としては飛行機、列車、バス、レンタカーなどの選択肢があります。それぞれのメリットとデメリットを考慮して、最適な移動手段を選びましょう。
  • 宿泊の予約: 予算に合わせてホテル、ホステル、民泊などから宿泊先を選びましょう。
  • 予算計画: 日々の食事、観光、ショッピング、緊急時の予備費などを含めた総予算を立てましょう。
  • 必要な文書の準備: パスポート、ビザ、旅行保険、健康保険証など、必要な書類を揃えておきましょう。
  • 荷造りのアドバイス: 季節や訪れる地域に合わせた服装、必要最低限の荷物、充電器、変換プラグなどを用意しましょう。

計画の段階から旅行は始まっています。
しっかりと事前の準備して1回の旅行で多くの国や地域を巡ることができる計画を立てましょう。
ヨーロッパへ旅行に行き、忘れられない素敵な旅の思い出を作りましょう。

<ヨーロッパのツアー予約はこちらから>

ヨーロッパへの旅行を計画されている方へ

それでも個人手配はちょっと抵抗がある。予約方法が良くわからないという方が多いと思います。

そんな時に便利なサイトがありますそれが一括見積もりサイトのタウンライフ旅さがしです。

「タウンライフ旅さがし」のページ開くとこのよな画面になります。

自分で手配するのは、

正直面倒くさい、心配、時間的に難しい、何が正解かわからない

という方はぜひプロに旅行プランの見積りを依頼してみましょう。

無料見積もりを依頼するとこんなことができます。

タウンライフ旅さがしにはあなたの旅行プランを効率的に立てるれる多くのメリットがあります。

そしてタウンライフ旅さがしを利用するメリットはまさにこれです!

オーダーメイドの個人旅行の見積もりはこちらから

\見積もり依頼無料/

一括見積依頼が無料でできる

サイトの問い合わせプラットフォームに内容を入力すれば、複数の旅行会社に一度に見積もり依頼を【無料】でおこなうことができます。

一回一回問い合わせする手間をかけずに、複数の旅行会社からいろいろな見積もりをもらいその中から最適な旅行プランを選べます。

見積料金の比較

旅行プランの下記フォームに必要事項を入力して一括見積もり送信するだけです。

複数社から受け取った見積もりの内容と旅行代金を簡単に比較できることができます。

旅行内容と料金をあわせてあなたに最適な旅行プランを見つけましょう。

ハネムーン(新婚旅行)の見積もり無料

タウンライフ旅さがしではハネムーン(新婚旅行)の無料見積もりにも対応しています。

ハネムーンこそ複数の旅行会社に見積もり依頼することをおすすめします。

いろんな旅行会社から提案をもらうことによって、お得なプランや自分では考えなかったプランなどいろいろな発見があります。

タウンライフのメリットを最大限活用しましょう。

まずは旅行内容を比較してから自分好みにアレンジしていくなんてことも可能です。

\オーダーメイドのハネムーンの見積もりはこちらから/

ぜひ、気軽な気持ちでお試しください。

タイトルとURLをコピーしました